TLC×IBH

TLC×IBH銀行 完全自動FX投資 【元本保証型】

新案件【GRC-FX プレミアム】がスタートします!

8月上旬にスタートするポジション連続100連勝、4日で290%の利益の実績ある、億トレーダー案件のご紹介です。

通常、MAM/PAMM 案件を引き受けることのない異次元の実力をもつ億トレーダーが1年程、資産運用を特別に引き受けてくれます。まずは、実績動画をお載せしたこちらの記事をぜひご覧下さい⬇️

参加をご希望の場合には「億トレーダー案件」と送信ください。スタート時に、参加方法やアフィリエイトについての詳細をお知らせ致します。

➡️ お問い合わせ

TLC×IBHとは

TLC×IBHとは、2019年8月に日本上陸した5月マレーシア発、IBH投資銀行により運営される元本保証型の自動FXによる銀行案件です。

報酬・入金・出金

  • 月利10%〜24%(平均12%
  • 最低投資額 1,500USDT/1口(※ 1アカウント最大75,000USDT/50口まで)
  •  2アカウントまで作成可能
  • 対応通貨:USDT(ERC20)
  • 紹介報酬あり
  • 入金 : ほぼ即日反映 出金 : 3〜5営業日
  • 元金のうち2/3の解約はいつでも可能

注意ポイント

投資額の2/3は取引口座へ、残りの1/3は保険口座へ振り込まれます。保険口座にある元金は24ヵ月後に出金することが可能なため、取引口座にある元金2/3を出金した場合、保険口座にある元金1/3は戻ってこないことに注意して下さい。

TLC×IBH 自動FXの特徴

IBH社との提携による独自の保険システム構造

TLC社には、IBH社との提携により独自の保険システム構造があります。それは保険口座と取引口座の通貨ペアはそれぞれ逆の取引を行い、損失リスクを回避するというものです。

最低投資額である1,500ドルの各単位のうち1,000ドルは取引口座へ、残りの500ドルは保険口座に入り、さらにTLCプラットフォームのファンドが保険口座500ドルを追加預金して取引口座と保険口座の資金バランスを取ることでそれを実現しています。

EA取引(エキスパート・アドバイザー取引)

そして、自社開発のオリジナルであるEAスマートトレーディングは、49人のプロトレーダーとAI取引がユーザーの代わりに取引を行います。

18名の経験豊かな投資家、5名の数学者、12名のFX分析家、8名のシステムエンジニア、6名のリスク管理専門家で構成されており、独自のリスク分散ロジックをシステムに織り込むことで、元本を保護しながらハイパフォーマンスな運用を実現し続けているのです。

このプロフェッショナル達がいつも最新の状態に更新しており、一般にリスクの高まる経済指標や大きなニュースがあった際にはトレードを中止することで、より安全に高配当な利益を確保しています。

※各自にMT4情報が割り当てられ、実際にトレードした結果・成果を確認することができます。

➡️ TLC×IBHの報酬体系(外国為替保険利益保証プラン)

TLC社×IBH社の協力関係

TLC (THRONE LEGACY CAPITAL)は、香港に本社を置き、金融専門家と外国為替の専門家により2019年に設立されました。元々はIBH投資銀行の部署で、関連会社へ独立。

IBH (IBH Investment Bank)は、マレーシアのタックスヘイブン、ラブアン島にあるラブアン国際金融センターに本社を置き、2009年7月9日に設立されました。資本金は約110億円。

IBH社は10年の歴史を持つ投資銀行で、本社ビルの最上階にあるマレーシア政府の金融庁(ラブアンFSA)から本物の銀行であると認定されています。またこのビルには三菱UFJ銀行、MIZUHO銀行、三井住友銀行も入っています。

IBH社のオーナーであるイブラヒン・ビン氏は、元マレーシア大統領の実弟であり、いくつもの上場企業を持ち、IBH投資銀行を設立。マレーシア王室から貴族の称号も与えられています。

またIBH社のCEOダト・ハワード氏は、2015年に銀行家の中で1番高いランクの”フェロー・チャータード・バンカー”に選ばれた人物です。ラブアン島にある55社の金融企業の内、投資銀行17社の理事長でもあります。

IBH社は従来の銀行業務、企業または個人の資金運用、 企業および投資に関するコンサルティング・アドバイザリーサービス、ローン及びクレジットファシリティ、リスク管理及び投資活動、外国為 替取引、金利スワップ、デリバティブ商品やデリバティブ金融商品の取引など、全ての金融ビジネスを行えるブルーライセンスを得ており、今流行りのブロックチェーンウォレットや仮想通貨を扱うこともできます。

両社は2019年に戦略提携を結びTLC×IBHによる自動FXプロジェクトがスタートしました。

TLC社はユーザー対してFXにおける勝率の高い取引を提供し、IBH社は為替注文の中継役を担う金融のプラットフォームを提供するという協力関係にあります。

➡️TLC×IBH 会社概要

TLC社の会社概要と使命

TLC社は2022年までの3年間に、100万人のユーザー獲得を目指しています。というのも、TLC社は長期的な事業開発計画として以下の事業を予定しているためです。

  1. プライベートバンクを設立
  2. 外国為替流動性資産プロバイダーに
  3. プラットフォーム上の事業セグメントを拡大:銀行業務、投資運用、資金、保険

100万人の会員を得れば、TLC社が構築するプラットフォームは1取引ごとに10ドルの収入を得ることができるため、推定利益は1取引ごとに1000万ドル(約10億円)1か月あたり平均10件の取引がある場合、その推定月額利益は1億米ドル(約100億円)に及びます。

そのため100万人ユーザーの獲得と共に、自社の事業開発計画の拡大を図るための自動FX投資プロジェクトを2019年5月からスタートしました。

TLC社の会社概要

THRONE LEGACY CAPITALは、世界中の投資家に革新的なソリューションを提供する、ハイテク主導の総合投資プラットフォームです。そして、TLC社は最新の金融革新が後押しする投資への新しいアプローチによって名高い外国為替取引会社へと急速に成長しています。

株、外国為替、債券、設備投資コンサルティング、短期金融投資および受託資産管理など、幅広い事業開発計画に携わっており、外国為替取引における卓越した実績を通じて、TLC社は顧客が長期的利益を得る限りない機会を創出することを約束します。

また、安定した安全性と競争力のあるスプレッド、入出金の利便性、プロフェッショナルなカスタマーサービスチーム、 最も正確な市場相場を備えた比類のない取引プラットフォームを提供して利益を上げるお役に立ちます。

TLC社の使命

TLC社は、投資家のための真の利益創出システムを構築し、安定し広範囲にわたる100年企業を設立して、より多くの人々に恩恵をもたらすことで顧客の夢を実現する機会を作り出す、という使命を担っています。

TLC社CEO : カール・ロニー氏

Throne Legacy Capitalへようこそ!

私たちを財務管理のパートナーとして選んでいただき、誠にありがとうございます。

他の金融商品とは対照的に、外国為替市場には明らかな利点があり、多くの投資家を魅了しています。しかし、国の突然の政治的変化やその他の要因により、しばしば混乱します。外国為替を初めて使用するユーザーは、専門知識と専門家の指導が不足しているため、しばしばためらっています。包括的な戦略とリスク管理能力がなければ、投資の結果は深刻な懸念材料となります。

したがって、Forex Protection Income Stabilizing Planを通じて、資金を失う恐れを方程式から取り除き、資金と取引のセキュリティを確保し、長期的な利益を上げたいと考えています。クライアントが投資のメリットを享受できるよう支援することは、私たちが得られる最高の証です。そのため、可能な限り最高のサービスを提供するよう努めています。最後に、信頼とサポートに感謝します。

Throne Legacy Capital の未来は有望なものであると信じています。今後も幅広い市場を開拓していくため、より多くの人々がThrone Legacy Capital を認識し、プラットフォームを通じて資産の成長を増やして豊かな生活を獲得する機会があります。

ありがとうございました。

 

カール・ロニー氏
Throne Legacy Capital CEO

(出典 : THRONE LEGACY CAPITAL

IBH社の会社概要

200979日に設立されたIBH Investment Bank  は、現在世界で最も急成長している地域の一つである、アジア太平洋地域の中心という戦略的な場所に位置し、アジアの経済統合のためのより良い機会を提供しています。

IBH社は 海外の金融会社と戦略的提携ネットワークを形成しており、すべての主要な世界通貨を扱うことができます。

現在は、当行の市場はヨーロッパ、中東、東南アジア、中国をカバーしており、マレーシア、シンガポール、ベトナム、フィリピン、香港、中国、タイ、ミャンマー、カンボジア、インドネシアの事業開発に集中しています。

ラブアンはマレーシア連邦政府から強力な行政・財政・政治的支援を受けおりラブアン金融サービス機関(ラブアンFSA)は、世界の規制当局が設定する国際基準を満たす、堅実で実用的な規制システムを築き、国際金融センターにおける高度な規制基準を推進しています。

現代的で世界的に確立され認められた規制の枠組みに基づき、ラブアン国際ビジネス金融センター(ラブアンIBFC)は、投資家の権利と資産を保護するための厳格かつ透明性の高い規制システムを持っているのです。ラブアンIBFCは、税務情報交換に関する国際基準の遵守について、経済協力開発機構 (OECD)により「ホワイトリスト」に指定されています。さらに2013年には、国際通貨基金(IMF)のレビューにも合格しました。

マレーシアの一部として、ラブアン国際ビジネス金融センター(ラブアンIBFC)はまた、外国口座税法遵守法(FATCA)共通報告基準および自動情報交換(CRS-AEOI)ならびに税源浸食と利益移転(BEPS) への準拠にも取り組んでいます。

IBH社の使命とビジョン

私たちの使命は、ニッチな活動に優れた強力なフランチャイズを持つ、ブロックチェーン投資銀行になることです。

私たちのビジョンは、ラブアン国際ビジネス金融センターで運営されているアジアの投資銀行において、競争上の優位性を獲得し、ニッチな地位を確立することに集中することです。

取引顧客&パートナー企業

  • 全日空
  • バーガーキング
  • TA ENTERPRISE(マレーシアTop5に入る証券会社)
  • Brahim's(マレーシアから日本へ飛ぶ、全ての機内食を提供する、IBHオーナーの会社)
  • XiddiG(サウジアラビア王室の持つ、香港の海底にケーブルを引くための新しい会社で、200億円プロジェクト)
  • Carrefour(中国で知らない人がいない、大型食品モールの会社)

IBH社は、中国建設銀行とも人民元決済の戦略パートナーとしても契約を結んでいます。

中国建設銀行は、中華人民共和国の国有商業銀行の一つであり、中国銀行、中国工商銀行、中国農業銀行と共に中国の四大商業銀行とされる。2005年には中国建設銀行は香港で株式上場し、2009年の時価総額ランキングで世界第2位。また、2015年のフォーブスの「世界の有力企業2000社ランキング」で世界有力企業の第2位にもなっています。

IBH社会長 : イブラヒン・ビン氏

マネージングディレクター/ CEOダト・ハワード氏

  • 本社住所Unit 6F2)、Main Office TowerFinancial Park Complex LabuanJalan Merdeka87000 WP LabuanF.T. マレーシア
  • KLマーケティングオフィスの住所1A-6-5、ブロックAMegan Avenue 1No.189Jalan Tun Razak50400クアラルンプール マレーシア
  • KLマーケティングオフィスの住所2Suite 23A-01Menara Keck Seng203 Jalan Bukit Bintang55100クアラルンプール。 マレーシア
  • オフィスの電話番号:+60 3-2161-1005 +60 3-2162-1002
  • オフィスのファックス+60 3-2181-3550
  • メールenquiry@ibhinvestmentbank.com

TLC×IBH 自動FXへ投資する方へ

現在、当ブログでは募集しておりませんが、TLC×IBHの自動FXトレードは企業としての情報開示の透明度は高く、高いビジネス評価とプロフェッショナルなサービスにより、多くのグローバル投資家に好まれる海外投資案件となっています。IBH投資銀行は設立10周年プロジェクトとして法人だけでなく、個人向けサービスを開始しました。数多くある投資案件の中でも優秀なTLC×IBHですが、自己の判断に基づいて投資することをお勧め致します。

 

➡️お問い合わせ

➡️TLC×IBH 会社概要

人気記事ランキング

新案件【GRC-FX プレミアム】がスタートします!

今月中にスタートする、ポジション連続100連勝、4日で290%の利益の実績をもつ億トレーダー案件のご紹介です。通常、MAM/PAMM案件を引き受けることのない異次元の実力ある億トレーダーが、期間限定で資産運用を引き受けてくれます。

参加をご希望の場合には「億トレーダー案件」とご連絡下さい。スタート時に参加方法やアフィリエイトの詳細をお知らせ致します。

➡️【GCR-FX プレミアム】億トレーダー案件が8月上旬にスタートします!

➡️ お問い合わせ

QSFX-MAM

-TLC×IBH

© 2020 超優良案件!インサイダー投資発信