ICB wallet

ICB walletで取り扱うUSDTはERC20ベースへ変更されます

USDTのアップデートは、8月2日午前0時に行われます。

USDTの入金と引き出しをERC20ベースへ変更

IntercoinXユーザー各位

IntercoinXは、2019年7月31日00:00 AM(UTC + 8)から約1時間USDTの入金および出金を一時停止します。

この期間中、すべてのUSDT入出金先のアドレスはOMNIベースのアドレスからERC20ベースのアドレスへと変更され、このERC20ベースのアドレスは今後デフォルトとして設定されます。

OMNIベースのUSDTは、OMNIベースのUSDTの以前のユーザーのデポジットアドレスに引き続きデポジットすることができ、受け入れられます。

ただし、この更新後ユーザーはOMNIベースのUSDTを取り消すことはできなくなります。

ご協力ありがとうございました!

IntercoinXチーム

先日7月4日、取引所大手バイナンスでもUSDTをOmniベースからERC20ベースへと変更されたばかりです。今、世界中の取引所がこの流れとなっています。

従来のビットコインのブロックチェーンを使用したOmniベースは、新しく採用されるイーサリアムのブロックチェーンを使用をするERC20ベースよりもトランザクション承認時間における送金スピードの点などでも劣るため、IntercoinXにおいてもOmniベースからERC20ベースへと変更されます。

現在IntercoinXで使用しているOmniベースのUSDTアドレスは、今後もIntercoinXに入金する時には使えますが、いずれ入金時もERC20ベースへと変更されていきます

IntercoinXからの出金時にはERC20として出金されますのでご注意下さい

 

OmniとERC20のアドレスの違い

ビットコインブロックチェーンを使用するOmniのアドレスはBTCアドレス同様に1か3で始まるアドレスとなっています。

そして、現在のIntercoinXにあるUSDTは、画像にあるようにOmniのアドレスです。

一方、ERC20はイーサリアムのブロックチェーンを使用しているので、0から始まるアドレスです。

IntercoinXでも、画像にあるバイナンスのUSDTのERC20ベース同様に、0から始まるアドレスへと変更されます。

今後IntercoinXにあるUSDTを送金する際には、同じUSDTでもアドレスが1か3で始まるOmniなのか、0から始まるERC20なのかをよく見定めてから送るよう注意してみてください。

 

当ブログから登録された方の特典

• ICBウォレットに関する質問やトラブルの解消サポートを致します。

• ICBウォレットに関する情報配信を致します。

• 毎月高率キャッシュバック致します。

 

➡️ICBウォレットに登録

➡️お問い合わせ

ICB wallet(ICBウォレット)とは?特典満載!【毎月3%高率キャッシュバック!】登録・入金方法まで徹底解説!

人気記事ランキング

【遂に一般解放されるQSFX-MAMの始動に世界が震撼することに!】

ポジション連続100連勝、3日で230%の利益くらいの成績を出している億トレーダー案件のご紹介です。通常MAM/PAMM案件を引き受けることのない異次元の実績を持つ億トレーダーが1年程、資産運用を引き受けてくれます。

参加をご希望の場合には「億トレーダー案件・入金予定〇円」と記し、ご連絡下さい。

開始時期については、今月中か遅くても来月の初旬頃になります。

➡️ お問い合わせ

QSFX-MAM

-ICB wallet

© 2020 超優良案件!インサイダー投資発信